妙春堂の日常

思いつくままに、ただつらつらと

生きてましたよ

2022.08.23

前回の更新が7月1日。その前が6月9日。

ずっとね、書くネタは充分すぎるほど尽きなかったのですが、書けるだけの気力がなくて放置状態でした。

 

特にここ数日は8年来の鬱病が急激に悪化。希死念慮半端なくて、それを身近な誰かに話す訳にもいかず、鬱々悶々しております。

情けないことに、お仕事を休む回数も増えてきました。早くなんとかしないと、また完全に引きこもってしまいそうで怖い部分があります。

 

おかげさまでお薬も増えました。いよいよ漢方のお世話になるようになりました。

先月からは貧血もぶり返していることが判明して、鉄剤も処方されています。

 

心身の不安を語りだしたら止まらないし、どこまでも内に内に籠ってしまいそうになるのでそろそろ止めましょう。

 

楽しいことも沢山ありましたよ。

中でも最高だったのは、飲み仲間Aちゃんと愛犬まろんちゃんとのドライブお茶会。

 

デパート事務時代からの、約20年来のお友達で杵築市のお茶農家の奥様Mちゃんが紅茶のキッチンカーを出していることを知ったAちゃん。是非アリスのお茶会をしたいと素敵な希望を出してくれました。うん、楽しそう。私もMちゃんの旦那様が淹れたお茶を久しぶりに飲みたい♡ (お茶を入れるのは旦那様の役割なのです)

 

お昼頃に私の住むアパート近くまで迎えにきてくれたAちゃん。杵築までの道中、別府でサンドイッチやタルトを購入し、初めての山香製茶工場へ。

 

山香に入ったものの、ナビの通りだと随分細い横道に入る。本当にこんな細い道にキッチンカーとか来ると思う? とお互いに疑問に思いながらも進むと、なんにもない崖の前でナビ終了。

 

おおう?

 

試しに更に進むも畑と田んぼと民家と、更に山奥に進む細い道しかない。

絶対にここ違う!

 

慌ててMちゃんにLINEして誘導を依頼。なんとか正しい目的地に辿り着くことが出来ました。

 

もしここをお読みで、山香製茶工場へ行く機会のあるかたがいらっしゃれば、ナビ検索では『立石山ドライブイン』といれてください。そこから大分市や別府市から見れば手前に『船』と標識のある交差点があります。そこを右折して最初のガードレールを左折すればすぐです。

 

さて、無事にキッチンカーに辿り着いた私とAちゃん。

到着早々、車内でおトイレを我慢していたまろんちゃんの大解放に一同和みまくり。

 

ベンチで思い思いにパンやタルトを並べて、注文した紅茶やラテを頂いていたら、山の中とは言え暑いでしょうと、ご主人が扇風機を近くまで設置しにきてくれました。涼しくて暖かいお心遣いです。

 

Mちゃんとも久しぶりに懐かしい話や、近況報告も出来て楽しいひととき。

丁度一通りお茶も終わったかな? て辺りで少し前から鳴っていた雷鳴から遂に雨が。

慌てて製茶工場の中へ移動。そこで製茶の工程を詳しく解説してもらいました。

 

デパート時代のMちゃんは、事務の私と違い売り場の第一線で活躍していました。そこでも業務に熱心だったのは知っていましたし、結婚披露宴の際に当時の勤務先の上司の方が、いかに彼女が現場やお客さまを第一に考え行動していたか熱く賞賛していたのを思い出しました。

 

今のお茶農家の仕事でも、自分を含めた多くの作り手と、販売に関わる方と、消費者のことを常に考えて心を込めてお茶づくりをしている心意気(?)が話をする彼女から伝わってきて、いち消費者でいちファンの私まで嬉しくなってきました。

 

自家製紅茶やまどりさん。お近くにキッチンカーがやってきたら、是非ご賞味くださいませ♡

 

さて、一通り工場内を見せて頂いたあたりから雷雨は更に激しく。Mちゃんご夫妻に心配されながらもダッシュで車に乗り込み、Aちゃんの運転で一路別府市へ。

街中で開催されている現代アートの展示会が目的でしたが、これでもかという雷! 風! 叩きつける雨!

運転しない私でも、この中をハンドル握っているAちゃんが格好良く見えました。

 

別府市の塩田千春展に着くころには雨はやみ、のんびり街中散策などしながらアートを堪能しました。現代アート、よく分からんけど。

途中。9月開店予定の泡盛と沖縄そばのお店923の前にも寄ってみました。オープンしたら、遠いけど絶対に行きますよ。

 

この日はラストに大分駅前でイベントしていた豊後大野市のブースで焼酎2杯を頂いて終了。

鬱々を晴らす、楽しい一日でした。

 

お酒といえば、8月9日だったでしょうか? サントリーさんの白角が限定販売開始しましたね。

ウイスキーは詳しくなくてまったく知らなかったのですが、複数のお友達から勧められて購入してみました。

瓶も、ハイボール缶も。

 

どちらも軽やかで美味しいですね。私としては、ハイボール缶よりも瓶の方を好きにいろんな炭酸水で割ってみるのが楽しいです。

 

お友達の1人からは、「見掛けたら買っておいて、メ〇カリで売るんだよ」て言われたのだけど、え~、売るくらいなら自分で飲むよぅ←酒飲み

 

他にもネタはありますが、本日はこの辺で。

鬱々の原因は内緒で。読む皆様まで鬱々しちゃうからね。

 

近々、きき酒選手権の大分大会があります。今年は初めて申し込んでみました。強敵揃いなのでまったく自信はありませんが、皆さまの胸をかりるつもりで挑戦してみます。

 

結局お酒のネタで締められてしまいましたね。でも、それが私なので。

皆さまと、私の明日が素敵な一日になりますように。

経過報告

2022.07.01

前回の更新が6月9日。

約一ヶ月ぶりの更新ですね。

 

この一ヶ月、いろいろとございまして。

感情の赴くまま、良くも悪くも勢いであれこれ書いてしまいそうで怖くて、更新が出来なかったのです。

仕事上でもプライベートでもいろいろあって、ちょっと、いえ、かなり疲れていました。

 

そんな中にあっても、ダイエットは順調でした。先日、遂に停滞期を脱して折り返し地点に。

更には職場では「最近、痩せてきてないですか?」と同僚スタッフに言葉を掛けられてのです。

これ、ダイエッターには最高の褒め言葉ですよね。事実、物凄く嬉しかったです。

 

どのようなダイエットをしているのかを尋ねられたので、運動は特になく(移動に極力階段を使うとか程度)、あとは食事だけだと。

ゆっくりなペースとは言え、それでピークから7㎏の減量は驚かれました。

炭水化物と糖類を控えて、野菜とたんぱく質を意識して摂取する。発酵食品を取り入れる。シンプルですが、これが案外難しいものです。

パン、美味しいですやん。白いご飯、最高ですやん。

発酵食品のキムチや納豆、これに白いご飯とか最強ですやん。

 

炭水化物を控えている以上、白いご飯代わりにお豆腐が私の主食になりました。

それが良かったのか順調に体重を落とし、今に至ります。

 

先日、自分へのご褒美に焼き鳥とハイボールを頂きました。幸せを感じました。

すぐにまたストイック食に戻りましたが、偶に日本酒を飲む程度は緩くしてもいいかな?

いや、それがリバウンドのきっかけになる? それは困るな。

 

 

単純な人間なので、すぐに流されてしまうのが私の悪いところです。

ここは改めて気を引き締めて、目標体重を目指したいと思います。

 

それでは本日はこの辺で。

次回は更にダイエットが順調であることをご報告出来たら良いな、と思います。

 

おやすみなさい。

今から本気出す

2022.06.09

ゆっくりペースではあるけれど、着実に減量しています。時々もっと早く落とせないだろうかと焦ってしまうけれど、そこはグッと堪えて無理はしないで来ました。

 

でもね、今日からちょっと変化を起こしますよ。

お酒、控えます!

 

偉そうに言うこっちゃないですね。すみません。

でも、この私がお酒を控えるなんてお友達が知ったらびっくりしちゃうと思います。それくらい、呑兵衛です。

だけど勘違いしてはいけません。「控える」だけで、「辞め」ませんので。

 

禁酒という訳ではないのです。鬱病がピークの頃は、毎日どんなに遅い時間になってもお酒を飲まないといけないという強迫観念に襲われていました。鬱が原因での不眠症に対して、お酒で眠ろうともしていたので凄く悪循環でしたね。

 

今も通院してお薬も続けていますが、かなり改善されています。たぶん、お酒も飲まないなら飲まないで、特に問題ない状態だと思うのです。

それなら毎日の晩酌をやめてしまえば、減量にも良い影響が出るのではないのかな? と。

 

ダイエットのアドバイスをくれているお友達は理解があるので、日本酒を飲むことはやめろとは言いません。飲みながらでも痩せるように頑張ろう、と励ましてくれます。

日本酒は大好き。やめなくてもいいなら飲み続けたい。

 

とは言え、やっぱりなかなか減らない数字にもやもや。試しに日本酒から焼酎に切り替えたところ、少しずつですが体重が減ってきたのです。

それなら、晩酌そのものをやめたら更に減るんじゃない?

そう上手くはいかないかな? でも、試してみる価値はあるのではないかと思うのです。

 

今夜はいつも焼酎を飲む時に使っている「なしか」の陶器グラスに、炭酸水を入れて飲んでいます。焼酎ハイボールを飲んでいる気持ちにな…りはしませんけど、有りか無しかで言えば、有りです。

 

最近飲んでいてちょくちょく記憶を失くします。大変危険です。

お友達にも迷惑を掛けてしまうのが本当に申し訳ない。

改めて、お酒の飲み方を考えないとね。もう若い頃の勢いでは飲めなくなっています。

あ、昨年末の腸炎騒動以降に身体が弱ってしまったのが、顕著に弱くなったようにも思います。

 

そんな訳で、お酒との付き合い方とダイエットに今から本気出して向き合っていこうと思います。

ダイエット達成のあかつきには、誰かご褒美ください、て、お友達にねだっちゃおうかな。

 

皆さまも、大好きなものと良好なお付き合いが出来ますように。

それでは本日はこの辺で。おやすみなさい。

三歩進んで二歩下がる

2022.06.04

本日はいつもと違って朝から更新です。

普段は仕事から帰宅して、食事して、ゆったりした時間が取れた時に更新していますが、今夜は大忙しの予定なので。

 

ダイエット、僅かずつですが順調に進んでいます。ピーク時から4㎏弱も落とせました。

ただ、この『今夜の予定』がお酒イベントなので、一気にリバウンドしそうです。

 

そのことをアドバイザーさんに伝えると、「それだけ落とせたという事実が大切。これからも数字は前後するだろうけど、ダイエットは順調に出来ている」とおっしゃってくださいました。

 

さすがに4㎏どーっんとリバウンドはしないとは思いますが、今夜は飲む種類や量、食べるものにも気を付けようと思います。

 

因みに私のダイエットは、運動は特にしていません。普段の生活で、エレベーターではなく階段を使うようにしたり、若干遠回りになっても敢えて地下道に入って階段の昇り降りを加えてみる程度はしていますが、あくまでのそれだけ。

あとは食事です。

 

メジャーではありますが、炭水化物と糖類を控えるようにしました。

大好きな日本酒も、ちょっと我慢して焼酎に。

そうしたところ、体重の減量ペースが一気に上がりました。

日本酒、原材料はお米ですものね。覿面です。

 

ただ、今夜は日本酒も解禁です。思う存分飲みますよ。

あ、嬉しすぎて羽目をはずして倒れないようにだけは気を付けます。メンバーの皆さんに迷惑はかけられないですからね。

 

メンバーの皆さん、本当に素敵な方ばかりで、今回の参加を迷っていた私の背中も全力で押してくれました(それは果たして良かったのか)

皆さんに感謝して、全力で楽しまなきゃ。

 

それでは、短いですが本日はこの辺で。

この後は夜に出来ない分の中国語学習をしたり、お出掛けの支度をします。

 

皆さまの週末が、幸せな時間でありますように。

 

ざわつくので

2022.05.31

最近ちょっと心がざわついておりまして、お仕事にも集中出来ないありさまです。て、それはいけませんよね。

 

サボりがちだった安定剤や眠剤もきっちり服用するくらい、いろいろとヤバいです。

 

ダイエットを始めてひとつきくらいで貧血の症状が悪化しましたが、最近は身体も慣れてきたのか怠さも軽減してきました。

毎朝語学アプリで20分くらい中国語学習をしているのは、朝活になるのでしょうか?

 

本日の食事は朝はいつも通り抜き。昼はとろろそば。夜は冷奴と温泉たまごと麦焼酎の水割り。

インスタントラーメン2袋とか、コンビニパスタの大盛とかペロッと食べちゃう私がこれはかなりの変化です。だいぶ慣れました。でも、食べようと思えば食べれちゃうから怖い。

 

でもね、これだけ食べる量を減らしたのに、体重は全然減らないんですよ。お酒の量が変わってないからでしょうかね?

 

心のざわつきはダイエットとは無関係とは思っていますが、実はストレスになってるのかしら?

 

こんな時は、優しい気持ちになる本でも読みましょう。

田村セツコ先生の『人生はごちそう』、可愛らしく穏やかな文章と挿絵に癒されます。

 

おや、よく考えたら今日で5月は終わりますね。もうすっかり夏です。暑いです。

室内デスクワークで良かったと思える季節です。いや、冬のもそう感じているような…。

 

これから更に暑くなります。梅雨もきます。日本の気候の厄介でもあり、自然の恵みでもあり。

酒米、すくすく育て(酒飲みのつぶやき)

 

本日はいつも以上に支離滅裂な内容になってしまいした。まだ水割り一杯だけなのに。

 

明日からの新しい月が、皆さまにとって楽しい意義深い月になりますように。

それでは本日はこの辺で。おやすみなさい。

玄関前に酒 ~あぁ無残な泥酔日記~

2022.05.28

数日前のことですが、出先でお友達と飲んでですね、さてお開きだというところから、次の記憶が自宅のベッドだったことがあるのです。

 

ヤバいですよね。これはかなりいかんですよ。

 

意識が戻って、速攻で手荷物のチェックです。

財布はある。ICカードもある。あ、お土産にもらったお酒は? 無い!

冷蔵庫に入れたかと思ったけれど、そこにも入っていなくて、でも冷蔵庫近くにはお土産のお酒を入れていたエコバックが空で転がっているし。

 

玄関へ行ってみると、3本あった内の2本のお酒が土間に転がっていました。え…。

 

更に玄関ドアを開けてみると、残りの1本が目の前に転がっていました。

 

本当は頂き物のミネラルウォーターもあったはずだけど、それはなかったことにしよう。

もう考えたくない。

 

改めて手荷物確認。

そこで恐ろしいことが判明。スマホと障害者手帳が無い!

 

血の気が引きました。

障害者手帳も痛いけど、それは再発行を申請すれがどうにでもなるでしょう(たぶん)

 

でもスマホは? 既に無くてはならない唯一無二の人生の相棒になっているスマホが見つからないなんて、それはある意味人生の終わり(大袈裟)

 

速攻でパソコン開いて、あーだこーだ検索しました。

昨夜一緒に飲んでいた方から何かしら情報が得られないかと、SNSにも現状を簡潔にアップしました。

酔った頭でパニックになりながら、「スマホ紛失」をキーワードにあれやこれや検索をかけます。

 

その中で、手持ちのスマホを鳴らすことが出来るサイトに行き当たりました。速攻で開始!

 

どこかで、なにかのメロディーがなっています。

深夜です。どこからも鳴るはずのないメロディーが聴こえます。

 

急いでその音を追うと、玄関脇の棚の上に、ブック型のケースを開いた状態でスマホがありました。

 

なんで? 直前まで使ってたのよね? ケースが開いているんだもの。

 

能面のままパニック状態を保ったまま、取り敢えずパソコンからの呼び出しを停止。

改めてスマホを見ると、深夜にも関わらず心配してくださったお友達のひとりがiPhoneからの追跡方法を伝えて下さっていたり、何度もスマホを鳴らしてくださっていました。

 

酔うとセクハラ発言しちゃう困ったさんですが、とても気遣いのある優しい懐の深い方です。

直後にかかってきた電話に急いで出て、無事にスマホが見つかったことと感謝をいっぱい伝えて電話を切りました。

 

あとは障害者手帳ですが、それはもう再発行を依頼すればよいかな。

一応、バス停まで辿ってみたけど見つからなかったし。

 

取り敢えず寝て、早朝に起きて、ゴミを出してきて、さて戻ったら二度寝でも…

 

ん?

 

玄関の、私の部屋のドアより少し奥に何かが落ちている。

私の障害者手帳やーっん!

 

夜中に一度バス停まで行った際には、まさか自室よりも奥に落ちているなんて思っていなかったから気づかなかった。まさかの、すべて身近に落としていたなんて。

 

以前から、北大路公子先生にあこがれてはいました。

気持ちよく酔って、気が付いたら自宅のお布団の中で、枕元には靴があるような、そんな人生に憧れていました。

 

ヤバいですよ。憧れだけに留めるべきでした。

 

北大路公子先生は当時ご両親と同居されていたはずですが、私は独居です。

その点からも、マジでヤバすヤバすです。

 

それというのも、明らかにどこかで転倒したと思われる激しい足の痛みまであるのです。

たぶん、どこかのタイミングでリバースもしている。

 

最悪だ!

 

あれから数日が過ぎました。まだ足の痛みは若干ありますが、殆ど気になりません。

ミネラルウォーターも幸いにも見つかりました(居室の机の上にありました)

 

SNSで終始状況をアップしていた為に、いろんな人からご心配と爆笑を得てしまいました。

すみません。そして笑ってくれてありがとう。

 

本日のタイトルは、北大路公子先生のエッセイをリスペクトいたしました。

みんなは真似しちゃいけませんよ。

 

真似のつもりはないけど、同じようなことしたことあるわ、て人は、北大路公子先生の著作をその数だけ読むことをお薦めします。最高に面白いです。

 

それでは本日はこの辺で。

明日は酒飲み仲間とバスツアーです。楽しんできます。

おやすみなさい。

 

熱しやすく冷めやすい

2022.5.25

あら、もうかなりサボっちゃってますね。

でも中国語はきちんと続けていますよ。

 

先日もちょっとした顔見知りだった中国出身のお嬢さんと飲みながらお話をする機会を得られまして、そこで疑問に思っていた中国語での数の数え方について質問なんぞしてみました。

 

たとえば「365日」。

中国語なら、日本の漢字表記と同じで「三百六十五日」と書いて「サンバンリゥシーウーリー(厳密には違うけど)」と読みます。

でも、西暦のように4桁の数字になると、例えば2002年なら「二零零二年」と書いて「アールリンリンアールニィエン」であり、「二千二年」、「アールチエンアールニィエン」にはならないのです。

…なんで? と思ってお嬢さんに尋ねたところ、「…なんでだろ?」と。

 

当人にとってそれが当たり前である以上、なんで? とか言われても困るのが慣習とか文化というもの。

私もなんで日本語にはひとつの漢字でいくつもの読みがあるのか? だとか聞かれても困るし。

理屈はもちろんあるのだけど、質問した方も長くなる解説とか聞いていられないでしょう。

 

でも、お嬢さんはかなり真剣に「確かになんでだろう?」と考えてくれていました。なんて良いお嬢さんなのでしょう。

 

とても日本語が流暢で、日本語学校に2年ほど通っていたと聞きました。

私が聞き取りが難しいと相談した「吃」と「去」についても共感してくれて、ピンインを詳しく教えてくれました。

 

滅多にお会いできない方だけれど、直接質問や相談を出来たのは大きな収穫でした。

ありがとう、お嬢さん。

 

元来、熱しやすく冷めやすい性格の持ち主な私。この中国語学習も、いつまで続くだろう? 気が付いたらアプリも開かない日が続くようになってしまうんではないかと不安になってしまいます。

長く続けられるコツや秘訣を是非身に着けたいものです。

 

それこそ、先日お話したお嬢さんのように現地に行って、現地の方と日常会話程度はできるようになりたい。

初めて京劇を生で鑑賞した時の感動(高校生の頃でした)を、今になって辿っている気持ちです。

 

お酒をお互いに紹介し合って飲み交わしたいというのも素敵だけど、ただ純粋に、通訳や翻訳なしで京劇を鑑賞したいと感じた30年前の想いを、おばさんになってしまったけど叶えてあげたいな、と思うのです。

 

日本語で言うと、まだこどもちゃれんじ。知育絵本レベルです。

最初は誰でもそんなもの。頑張ります。

 

それでは本日はテレビで『中国語ナビ』が放送される日です。視聴を忘れずに(先週見逃した)

明日もワンフレーズでも覚えられますように。おやすみなさい。