アラフィフ婚のすゝめ

アラフィフ婚にむけての日常つれづれ日記

2024-01-01から1年間の記事一覧

【連載】アラフィフ婚への道14「ちょっと自慢したいんだ」

仕事の移動中、社長からご自身の結婚の際に打ち合わせで奥様と喧嘩になったという話を聞いた。 そして、その結婚は長くは続かなかったらしい。 これは以前にもこのブログでも少し触れたけれど、よく聞くエピドートだ。 結婚式の準備中に不協和音が生じて、そ…

【連載】アラフィフ婚への道13「マリッジブルーではないけれど…」

連載ブログ通算30回目。 結婚式のBGMをYouTubeでリスト化して流し、気持ちを高めている毎日。 最近憂鬱な気持ちになる瞬間が多い。 アラフィフでもマリッジブルーになるのか。 て、ちゃうわ。 単純に、部屋が片付かない。 虹夫さんは元々「野郎にしては綺…

【連載】アラフィフ婚への道12「ドラマは怒涛の展開へ」

結婚式まで3週間を切ったその日、新たな事件は起こった。 『速報! 母、入院』 兄よ、緊急性と緊迫感を伴う連絡の割には緊張感がないぞ、そのLINEは。 まぁ、いますぐに命がどうこうということは無いとは読み取れるが、とにかく詳細を知りたい。 元々持…

【連載】アラフィフ婚への道11「こまごまエピソード集」

本日は、結婚式の準備にまつわるささやかなエピソード集。 ①招待状の宛名書き 4月下旬、招待状が出来上がり手許に届く。 書く文字にお互い自信がないふたり。虹夫さんは当初からパソコンで宛名を書くと決めていたのだけど、セントクレアヒルズさんからプレ…

【連載】アラフィフ婚への道⑩いいよね大人婚

怒涛の前撮りを終えた翌日。 虹夫さんと週末街飲みデートをしていたら母からLINEが届いた。 「〇〇(母の弟)にあんたの結婚のこと話したら、絶対に行くて」 おま……、式まであと1ケ月ちょっとしかないこのタイミングで……。 元々この歳での結婚なので、…

【連載】アラフィフ婚への道⑨夢のような前撮りの1日

6月下旬、いよいよ前撮りの日がやってきた。 初めての衣装合わせの時にまざまざと見せつけられてしまった現実、つまりは中年太りの弊害。 肥満なんて弊害以外の何もありはしないのだが、それでも身を以て突き付けられなければ知らぬふりをしてしまっていた…

【連載】アラフィフ婚への道⑧慌ただしい打ち合わせラッシュ

ここからは一気に約一ヶ月分を書き上げていこうと思う。 なんと言っても、これを書いているのが挙式日まで一ヶ月を切っている。時間がない。 5月下旬、試食会に参加。 セントクレアヒルズさんからは、是非ご両親も招待してご参加くださいと案内されていたが…

【連載】アラフィフ婚への道⑦父と兄とモーニング

問題が起きた。 虹夫さんのお父さんが、衣装は私の兄と合わせると言い出した。 いやいや、うちの兄は礼服の予定ですが、お父さんはモーニングでしょう。合わせちゃダメです。 どうやらお父さんはモーニングを着ることに抵抗がある様子。 考えてみると、兄が…

【連載】アラフィフ婚への道⑥リングボーイ

以前、それぞれの実家へご挨拶に行ったときに兄が話してくれた。 私が結婚式を挙げることを知った次男坊が真っ先にこう言ったと。 「俺、リングボーイやる!」 お前、19歳だろうが。 一瞬呆れたが、確かにお調子者で面白い男なのである。昔からいい歳をし…

【連載】アラフィフ婚への道⑤互助会という強力な助っ人

3月上旬、天空(そら)の森セントクレアヒルズにて初回打ち合わせ(前回は当選説明会)。 以前ゼクシィで「ウェディングノートを作りましょう」という記事を読んで、どのような形で作成するのが良いのだろう? と思っていた。 すると、担当プランナーさんが…

【連載】アラフィフ婚への道④食い違いと擦り合わせ

結婚式の見積書を見た虹夫さんが言った。 「リングピローがキャンペーンで無料で入ってるけど、使わないなら使わないでいいんよな?」 ん? まぁ、それでも構わないとは思うけど、使わないの? なんで? 私は無言でパニック。 「指輪、無いんやし」 ん? え…

【連載】アラフィフ婚への道③前途多難を感じた食事会

3月初旬、両家の顔合わせが行なわれた。 福岡県や大分県では『かなめ打ち(要打ち・金目打ち)』と呼ばれている、結納の簡易版にあたる儀式だけれど、私たちは以前から格式ばったものは省くと話していた。仲人も立てないので、簡易版から更にシンプルに食事…

【連載】アラフィフ婚への道②拒否権の行方

ゼクシィは買った。地方版にリゾート婚版など、いろんな種類があることも今回初めて知った。 ノートを買ってきて、思いつく限りに招待したい人の名前と希望の日取りを書き出した。 リミットは8月末。時間は無いぞ。当選を知った翌週には説明会の予約を虹夫…

【連載】アラフィフ婚への道①冗談から駒

お互いの実家への挨拶を済ませた日と前後するのだが、ある日虹夫さんから「ダメ元で応募してみようか」とLINEがきた。 それは結婚式場と地元サッカーチームのコラボキャンペーン。 ドームのスタジアムでチームのマスコットキャラクターと前撮り&挙式プ…

【連載】緊急号外「緊張の初めまして」

本日は、わたくし妙春の実家と虹夫さんのご実家、それぞれにご挨拶に伺ったときのお話をしたいと思います。 去る建国記念の日、私たちはそれぞれの実家に結婚のお許しを得に挨拶に伺うことになった。反対される心配は一切なかったが、まぁ形式的に筋は通すべ…

手始めの家計簿

独り暮らしを始めた当初、毎年家計簿を付けていました。だいたい半年くらいで挫折していましたが。 この度、確実に家庭を持つことになったのを機に改めて家計簿を付けようと決心しました。今度は途中でやめたりしないぞ。この先は自分のお金だけの管理では無…

あれはプロポーズだったのか否か

新年とっくに明けてました、おめでとうございます。 今頃になって今年最初のブログですが、ここで心機一転。状況が一歩前進したのもあり、当ブログに少々の変更を加えました。 変更点① タイトルを『妙春堂の日常』から『―妙春堂の日常― アラフィフ婚のすゝめ…