妙春堂の日常ーアラフィフ婚のすゝめー

アラフィフ婚にむけての日常つれづれ日記

2021.11.04 電子で年末調整

今年から年末調整はメールで派遣会社に送信する形になりました。

その為にはまず国税庁のソフトをインストールする必要があって、普段は大抵のことはスマホで片づけてしまうのだけど、これって絶対容量多いよね。てことで、パソコンちゃんに頼ることにいたしました。

 

派遣会社から送られてきた説明を読み込んで、言われるがままに某ストアからソフトをインストール。

・・・・・・

な、長い。

・・・・・・

もう何度「あと少しです」て表示された?

・・・・・・

寝るぞ、おい。

 

うんざりするほど待って待って、途中日本酒も入って(あかんやろ)、ようやく完了。

早速必要事項を入力していきます。

 

まずは各自どの申請が必要か診断する為に、個人情報を入力します。

私の場合は扶養家族がいないとか、障害があるとかですね。

持ち家がある訳でもないし、上述のように配偶者も扶養家族もいないので、私なんかの申告内容なんて大したことありません。

 

ちょびっと面倒だったのは、自身で本年中の給与見積額を出すこと。以前はこんな申請必要なかったですよね。去年あたりから必要になったんじゃありませんっけ?

(一昨年は休職してたから確定申告にしたので、年末調整の方は知らんです)

ただ、数年前から給与明細は電子になっていたので過去の明細を遡るのは苦になりませんでした。これが書面での明細しかなかったら、どこにやったっけ?と探し回っていたかもしれません。

この辺はペーパーレス化の恩恵ですね。

 

入力完了後は保存した申告内容と、事前にスマホカメラでPDF化しておいた払込証明書をメールに添付して派遣会社へ送信。

 

所要時間はインストールの時間を含めて約1時間。日付変わっちゃった。

次回からは20分もあれば余裕で完了できるだろうな。1年も先だから、また新しいソフト入れてくれ、とか言われるかもしれんけど。

 

あとは派遣会社の担当さんにお任せ。たぶん大丈夫とは思うけど、不備があれば連絡があるだろう。こういうデータの精査作業は私の現業務とも共通しているので、苦労は分かっているつもり。なんかあったら素直にごめんなさいと言おう。

(ミスをしないことが一番なんだけど)

 

実は派遣仲間の中には、今年も書面で申告書が届くと思っている人がおるのですよね。

「今度書き方教えてください」とか言われたもの。

確かに昔、某社に勤めていた時は年末調整の取りまとめをしていたので基本的なことは分かるけど、私の知識はもう古いし、何よりあなたのお宅へお邪魔する訳にもいかんでしょ。スマホではインストールするのに何時間掛かるか。端末の容量も心配。

 

てことで自力で頑張れ!←冷たい声援

 

さてと、勢いでブログまで書き始めちゃったけど、もう夜中の1時でございます。

明日もお仕事です。頑張ります。おやすみなさい。

明日改めて、全部電子やで、と教えてあげなければ。