妙春堂の日常

思いつくままに、ただつらつらと

2021.10.14 吐き出せる場所

あれこれ手広くやるのは苦手です。
冒険心が無い訳ではないけれど、脳みそ小さいのであれやこれやと手を出していたら、何をどこまでやってたか把握しきれなくなりそうで怖いのです。

だから、SNSもアクティブなのはTwitterfacebookだけ。clubhouseとInstagramはアカウントだけ作りましたが基本は放置。写真撮るの下手だし。

そんな中、長らく放置していたブログを再開したのは病気を指摘されたことも大きいけれど、やはり脱活字離れを目的とした読書の復活です。今読んでいるのはエッセイです。
岸田奈美さんの『もうあかんわ日記』
もう本当に「もうあかんわ」と言いたくなる激動の毎日を軽快に綴り、偶に笑わせ、時折深く考えさせられる。

大好きな北大路公子先生との違いは、お酒ネタが出てこないこと。そこが親近感が今一つ湧かないポイントなのだけど、そこを抜きにしても大変面白い文章を書かれます。
己れに降りかかる苦労や葛藤を、著しく消耗しながらも笑いに昇華する。生半可な覚悟じゃないと思うのです。

私もそんな文章を書きたい。

元々、文章を書くのは好き。センスは無いけど。構成力?表現力?なんすか、それ?
笑われるのは嫌だけど、笑わせるのは大好き。私のくっだらない話で、誰かが少しでも笑ってくれたら、それはとても素敵なこと。

今回の病気のこと、ひとりで考え込んで落ち込んでしまいそうなのを踏ん張る為にも、どこかで吐き出して笑い話にしてしまいたいと思いました。妹が言ってたように、笑えば免疫力も上がるもの。

では、どこで吐き出す?
Twitterは、フォロワーさんの中に初産を控えた妊婦さんがいる。職場にも、バッグにマタニティマークを着けて、そろそろお腹が目立ち始めた妊婦さんがいる。

迂闊に吐き出せん!彼女達の精神状態を不安定にさせる訳にはいかん!

出産経験は得られなかったけど、私は全妊婦と赤ん坊の味方!(と言う心意気)

暫く考えて、あ、放置してたブログがあるやん、て思い出しました。
ブログなら多少(?)長文になっても気にならない(文章が無駄に長いのは自覚済み。下手だから)
日記のようにその日にあった記録を残すのではなくて、思ったことを自由に書けるのも魅力的。

てコトで、私の精神衛生を護るために、心情を吐き出す場所としてこのブログを復活させたという訳です。
どうです?無駄に長かったでしょう?それが私です。

目指せ!北大路公子!←無謀